"?> セーフモードの「起動選択メニュー」が出る|データ復元ならDATA-PIT.comのHDD復旧サービス

セーフモードの「起動選択メニュー」が出る

パソコンに何らかのトラブルが発生して異常終了した後で起動すると、起動選択画面が表示されることがあります。この画面で「セーフモード」を選んで「Enter」キーを押すと、いつもとは違うデスクトップ画面が表示されます。

 「セーフモード」とは、起動に必要な最小限のプログラムだけでウィンドウズを動かす状態です。後から組み込んだドライバーソフトや機能拡張ソフトに原因があってウィンドウズが正常に起動しないような場合でも、セーフモードなら起動することができます。この状態で問題のあるドライバーソフトなどを削除すれば、ウィンドウズを正しく起動できるというわけです。

但し、起動選択画面が表示され、セーフモードを選択しても起動できずに終了、再起動を繰り返してしまう場合があります。その場合、ハードディスクまたはWINDOWSに何らかの障害が発生していることが疑われます。

セーフモードの「起動選択メニュー」

セーフモードでの起動方法 (Windows 2000、XPの例)

  1. コンピュータを起動させる
  2. 「Windows **** を起動しています・・・」のメッセージが表示されている間に[F8]を押す
  3. 「Windows拡張オプションメニュー」が表示されるので、[↓][↑]キーを使って[セーフモード]を選択し、[Enter]を押す

セーフモードで起動した場合

インターネットへの接続はできません。 ディスプレイドライバは標準のVGA用のもので起動されるため、普段SVGAやXGAなどの解像度でパソコンを使っている場合はデスクトップ上のアイコンがいつもより大きく表示されます。 モニタに表示できる色が通常のHigh Color(16ビット)やTrue Color(24ビット)に設定している場合でも16色に減ります。 またドライバなどを必要とするような周辺機器は使えません。

パソコンの起動に最低限必要なもの以外は読み込まないモードで起動するという、いわば診断モードのことをセーフモードといいます

ウイルスが活動に使うファイルの中には、通常の起動では起動時に読み込まれてしまい、起動後は「使用中」になって変更も削除もできないファイルが数多くあります。しかしこれらのファイルの中にはセーフモードで起動すれば起動時に読み込まれずに変更や削除が可能になる場合があり、これを利用するためセーフモードでの起動が必要になる場合があります。

パソコン・WINDOWSのエラーメッセージ

  1.  Windowsのロゴマークは出た後に先に進まない
  2.  セーフモードの「起動選択メニュー」が出る
  3.  NTLDR is missingと表示される
  4.  ブルースクリーン(ブルーバック)のSTOPエラーでWindowsが起動しない
  5.  C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMエラー
  6.  Operating System not found
  7.  DISK BOOT FAILURE〜
  8.  invalid system disk
  9.  GPT保護パーティションと表示されてハードディスクにアクセスできない
  10. ハードディスク(HDD)の故障率とデータ復旧
  11. インページ操作の実行エラー
  12. バッファロー製リンクステーションなどのNASはトラブルが起きると重症化しやすい!?
  13. Windows7からウィンドウズ10にバージョンアップしたら、データが消失!復旧できますか?

データ 復元サービスのお申込について

データ 復元・HDD 復旧サービスのデータピット.comのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。データ復旧サービスのお申込み方法。 当社用意の「診断同意書・依頼書」に必要事項をご記入いただき、障害HDD(ハードディスクドライブ)またはデスクトップPC・ノートPC・外付けHDDと共にご郵送ください。

データ 復旧サービスのお申込