"?> インページ操作の実行エラーの原因と対処法|データ復元ならDATA-PIT.comのHDD復旧サービス

「インページ操作の実行エラー」は論理的、物理的の両方で起こる可能性

『H:\にアクセスできません。インページ操作の実行エラー。』という警告メッセージが表示されて、ハードディスクを読み込みできないエラーが発生した場合の原因と対処法について。

このHなどのローマ字の箇所はドライブによって変わってきます。そのためC,D,E,F,Gなどのどれかになることが普通です。

まず、インページ操作の実行エラーは主にUSBの外付ハードディスクやUSBメモリー・SDカードなどのリムーバブルディスクの読み込み時に表示されるエラーメッセージです。なのでドライブをクリックすると、上記のようにエラーメッセージが表示されます。

また、ドライブにアクセスできても、上記のようにフォルダやファイルのコピーやアクセス時に表示されるケースもあります。

尚、この「インページ操作の実行エラー」はそもそも、2つのケースでよく発生します。記録メディアが機械的に故障しているか、部分的に読み込むことが出来ない。またはファイル及びファイルシステム等が理論的に障害が発生していてPC側から正常に読み込むことができないケースに良く起こりやすいのです。

なのでパソコン側に何らかのトラブルが起こっているのではなく、接続している記録メディア側の故障から生じる読み込みエラーなのがポイントです。

このような場合、フォーマットが出来ればフォーマットを実行してみる事で論理情報を修復して再使用できるケースがあります。

ですが、そもそも「インページ操作の実行エラー」が表示された場合、一般的には物理的な故障やトラブルを最初に疑います。この「インページ操作の実行エラー」が万が一、出て保存データが大切な場合に絶対実行してはいけないことは、1つに「フォーマット」、そして2つめがWindowsのスキャンディスクやデフラグなどのエラーチェックをすると多くのケースで保管してあったデータが消失してしまいます。

 

「インページ操作の実行エラー」は物理的、論理的に何らかの読み取りエラーが発生している状況なので、保存データが必要なケースと必要でないケースで大きく作業内容が変わるのです。

データが必要でない場合には、記録メディアを再使用できるようにフォーマットやスキャンディスクを行っても問題ありません。上手くいけば、再利用できる可能性があるからです。但し、あくまでデータがいらない場合のみということがポイントです。

USB外付けHDDやUSBメモリーなどに保存してあった各種データが必要な場合には、フォーマットやスキャンディスクなど、何も行わずに弊社サービスをご利用いただくのが安全です。

 

データ 復元サービスのお申込について

データ 復元・HDD 復旧サービスのデータピット.comのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。データ復旧サービスのお申込み方法。 当社用意の「診断同意書・依頼書」に必要事項をご記入いただき、障害HDD(ハードディスクドライブ)またはデスクトップPC・ノートPC・外付けHDDと共にご郵送ください。

データ 復旧サービスのお申込

パソコン・WINDOWSのエラーメッセージ

  1.  Windowsのロゴマークは出た後に先に進まない
  2.  セーフモードの「起動選択メニュー」が出る
  3.  NTLDR is missingと表示される
  4.  ブルースクリーン(ブルーバック)のSTOPエラーでWindowsが起動しない
  5.  C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMエラー
  6.  Operating System not found
  7.  DISK BOOT FAILURE〜
  8.  invalid system disk
  9.  GPT保護パーティションと表示されてハードディスクにアクセスできない
  10. ハードディスク(HDD)の故障率とデータ復旧
  11. インページ操作の実行エラー
  12. バッファロー製リンクステーションなどのNASはトラブルが起きると重症化しやすい!?
  13. Windows7からウィンドウズ10にバージョンアップしたら、データが消失!復旧できますか?