"?> ハードディスク(HDD)の故障率とデータ復旧|HDD復旧ならDATA-PIT.comのデータ復元サービス

GPT保護パーティションと表示されてハードディスクにアクセスできない

もともと、パソコンのハードディスクは、可動部分を持った精密機器ですから、寿命を持った消耗品と考えるべき部品です。

從って、一般的にはパソコンの使用頻度が多い場合は、3年を越えるとハードディスクを交換することをお勧めします。
というのもハードディスク(HDD)の故障率は購入から3年以上経過した場合の故障率が一番高いからです。

また初期不良も結構な確率であります。
1週間以内、10日以内に壊れたなんていうトラブルも中にはあります。

さらに3か月、半年で起動しなくなってしまった例もあります。

1、2年と故障もなく稼働していても、3年目、4年目の夏に壊れるというパターンが一番多いのがハードディスク(HDD)なんです。

なので、この3年目のハードディスク交換によって、旧ハードディスクはバックアップデータともなり、その後のデータに関する安全性は格段に高くなります。

パソコンやハードディスクは買い替えれば最新のものが手に入りますが、保存してあった研究データや家族や子供の写真、ビデオ動画などはハードディスクが壊れてしまえば、大変なことになります。

なので、普段からのバックアップと年に1回程度のハードディスクの交換作業はパソコンを使うなら必須作業です。

ですが、以上の事が分かっていても、現実はなかなかそう言う訳にならないこともあるでしょう。

これまで順調に動いていたパソコンが、前触れもなく動かなくなったとすれば、使用者はたちまち困ってしまいます。

モニター画面に何も出ない、パソコンの電源が入らない、などの時はハードディスクの故障やウィンドウズが正常に起動しないような場合は、間違った変な事をすれば、トラブルが悪化し、大切なデータの復元が2度とできなくなってしまう事がありますので、弊社のデータ復旧サービスをご利用いただくのが安全です。

近頃は、弊社データ復旧専門サービスでは無料で見積もりをしていますので、充分に納得した上で注文いただくことが可能です。

データ 復元サービスのお申込について

データ 復元・HDD 復旧サービスのデータピット.comのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。データ復旧サービスのお申込み方法。 当社用意の「診断同意書・依頼書」に必要事項をご記入いただき、障害HDD(ハードディスクドライブ)またはデスクトップPC・ノートPC・外付けHDDと共にご郵送ください。

データ 復旧サービスのお申込

パソコン・WINDOWSのエラーメッセージ

  1.  GPT保護パーティションと表示されてハードディスクにアクセスできない
  2.  Windowsのロゴマークは出た後に先に進まない
  3.  セーフモードの「起動選択メニュー」が出る
  4.  NTLDR is missingと表示される
  5.  ブルースクリーン(ブルーバック)のSTOPエラーでWindowsが起動しない
  6.  C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMエラー
  7.  Operating System not found
  8.  DISK BOOT FAILURE〜
  9.  invalid system disk
  10.  GPT保護パーティションと表示されてハードディスクにアクセスできない
  11. ハードディスク(HDD)の故障率とデータ復旧
  12. インページ操作の実行エラー
  13. バッファロー製リンクステーションなどのNASはトラブルが起きると重症化しやすい!?
  14. Windows7からウィンドウズ10にバージョンアップしたら、データが消失!復旧できますか?